シーゲレーべ

シーゲレーべは、1929年にドイツ・Alzeyで Georg Scheu が Madeleine Angevine と Savagnin Rosé を交配させてできた品種です。

発芽が早く早咲きのため、霜のリスクが高まります。

糖度が非常に高く、酸度が低いのが特徴です。鋭いマスカットの香りを含みます。

現在は、ドイツおよび英国で少量栽培されています。

グリブドウのため、薄いロゼワインとして仕上げることも可能です。

関連記事

  1. 品種の定義3 – シャルドネ、ガメイ

  2. Berlandieri

  3. ヴィオニエ

  4. Gamay Noir

  5. 5BB

    Teleki

  6. Pinot Noirクローンについて

PAGE TOP