ヴィオニエ

ヴィオニエはフランス・北ローヌ地方の品種で、コンドリューやアンピュイを起源とすると言われています。

DNA鑑定により、Mondeuse Blancheとは親子関係、Syrahとは親戚関係、またNebbioloとも遺伝的な関係があることが分かっています。

萌芽が早く、長枝剪定を行います。遅霜や風に弱い品種ですが、皮が厚いため灰色かび病への耐性があります。

元々は酸性土壌で栽培されていましたが、水分が少なければ温暖な地域でも育ちやすいと言われています。

ライチやバラの芳香を有し、糖度が高く酸度は控えめとなります。

単体ではコンドリューが銘醸地です。華やかな香りを醸すため、シラーと混植・混醸も行われています。コート・ロティでは、ヴィオニエは20%まで混醸できます。南側(コンドリュー側)に行くほどヴィオニエの混植率が高くなります。

ラグフェイズでは、2024年よりFPS 01クローンを提供予定です。

写真はギガルの造るラ・トュルクです。コート・ロティの中程に位置し、ヴィオニエの含有率は中程度で7%となっています。

関連記事

  1. 日本の畑で見つかったフィロキセラ

    カリフォルニアのフィロキセラ

  2. 植樹密度

  3. Calera

    カレラ / シャローン・クローン

  4. ピノ・ノワール Faux 828

  5. Pinot Noir MV6

  6. プティ・マンサン

PAGE TOP