オーセロワ

オーセロワ (Auxerrois) は、ピノとグーエ・ブランの交配によってできたアルザス・ロレーヌ地方の品種です。シャルドネやアリゴテ、ガメイ・ノワールなどとは兄弟関係にあります。

語源は、アルザスの旧名Auxoisだと言われています。

カオールのCot(マルベック)にもオーセロワという同名がついていましたが、これはブルゴーニュのオセール(オーセール, Auxerre)から持ち込まれたためで、オーセロワ品種とは別物です。

早熟で、石灰岩土壌に適しています。ベト病や灰色かび病、うどん粉病に弱い品種です。

酸度が低く、ミネラリーでニュートラルな果実香を有する繊細なワインとなります。

ラグフェイズでは、21、56クローンを提供しています。

関連記事

  1. カベルネ・フラン

  2. 品種の定義3 – シャルドネ、ガメイ

  3. ヴィダル

  4. ピノ・ノワール Pommard Clone

  5. Sauvignon Blanc FPS 30

  6. 日本の畑で見つかったフィロキセラ

    カリフォルニアのフィロキセラ

PAGE TOP