ツヴァイゲルト

ツヴァイゲルトは、1922年にフリッツ・ツヴァイゲルトがブラウフレンキッシュとザンクト・ラウレントの交配によって作出した赤品種です。ブラウフレンキッシュの片親がグーエブランであることを考えると、ガメイなどとの相似点が見出せるかも知れません。

オーストリアの赤品種では最も栽培面積が広く、ドイツや英国、ハンガリー、スロヴァキア、日本でも栽培されています。発芽は早く、生育のスピードは中程度です。

色調は濃いながらタンニンは控えめで、酸度も中程度です。赤系果実の味わいを備えています。

ラグフェイズは、アメリカでフリー化されたツヴァイゲルトFPS01.1を2023年よりリリース予定です。

関連記事

  1. イタリア品種の遺伝特性

  2. ピノ・ノワールのクローン及び台木の組み合わせによるヴェレゾン…

  3. ピノ・ノワール Swan Clone

  4. Falanghina

  5. Vitisの遺伝特性の相関関係

  6. セミヨン

PAGE TOP