Chardonnay FPS02A Old Wente Clone

カリフォルニア・シャルドネの最高峰とも言えるキスラーは、単一クローンのOld Wenteで造られています。ロバート・パーカーは、白スグリ、レモンオイル、リンゴの花、白桃、スイカズラの香りがあり、凝縮感の強いフルボディワインと形容しています。

シャルドネ1は1930年代にアームストロング・ヴィンヤードのブロック1に栽植されましたが、ここで一旦記録は途絶えています。1956-61年の間に、シャルドネ1としてFPSのリストに登録されていました。

1961年に102日間の熱処理が施されたシャルドネ1はFPS02Aとなり、1964年にFPSの新畑に栽植され、1966年より顧客に提供が開始されました。ウェンテもその買い手の一人で、この年に19本のFPS02Aの結果枝を購入しています。

FPSは、このクローンにリーフロールの感染が認められたため1969年に畑から抜根し、リストからも除外しました。一方ウェンテは、モントレイ郡のグリーンフィールドの近くにFPS02Aを栽植し、カリフォルニア州の多くの生産者に提供していました。

FPS02Aは当時アメリカで人気を博していたため、1991年頃に再びFPSの畑に植えられることとなりました。このとき成長点培養によってウイルスが除去され、2002年に新たにFPS72のクローン番号が割り当てられました。

ラグフェイズでは、2025年春よりシャルドネFPS72の提供を開始予定です。

Chardonnay FPS72

関連記事

  1. ラグフェイズの花見

  2. ピノ・ノワールのクローン及び台木の組み合わせによるヴェレゾン…

  3. アルバリーニョ

  4. ニュイ・サン=ジョルジュの畑

    遺伝子から見た、ピノの突然変異メカニズム

  5. ハウスで育成中のフリー化苗3306

    成長点培養

  6. 根頭癌腫

PAGE TOP