Touriga Nacional

トゥーリガ・ナショナルはポルトガル・ダン地方発祥の黒ぶどう品種で、ダン地方トンデラ県のTourigo村の名前に由来します。

樹勢が強く、落葉しやすく房の成長が妨げられるため、生産量は中程度です。小粒で皮の厚い実がなります。うどんこ病、べと病、灰色カビ病には感染しやすい品種です。

辛口のスティルワインおよびポートワインの代表的な品種で、タンニンが強く色調の濃いワインとなります。ローズマリー、スミレ、ベルガモットなどの香りを有します。単体ではパワフルになりすぎるため、よく他の品種とブレンドして使われます。適度な酸味があり、長熟で樽に馴染みます。

19 世紀末までは、トゥーリガ・ナショナルはドウロ渓谷の黒ブドウ品種のほぼ 100% を占めていましたが、20 世紀半ばまでにその面積は約5%まで減少しました。果実の潜在的な品質が高いにもかかわらず、フィロキセラの影響で樹勢の強い台木を使用したことで生産性が低下したため、栽培者の間では人気を失いました。1970 年代後半からクローン選抜に多大な投資が行われ、最良の組み合わせを見つける試みが行われてきました。

ウィンクラーの気候区分によるとドウロはRegion Ⅳ に属します。Region Ⅱ に属するボルドー地方でも、温暖化の進行に伴いトゥーリガ・ナショナルに強い関心が寄せられ栽培が始まりました。日本でも、著名生産者からの問い合わせは多いため、ラグフェイズでもトゥーリガ・ナショナルを輸入し、増殖を開始しました。2025年より販売開始予定です。

関連記事

  1. 日本の畑で見つかったフィロキセラ

    カリフォルニアのフィロキセラ

  2. Pinot Noirクローンについて

  3. Gamay Noir

  4. アルバリーニョ

  5. Merlot

  6. Chasselas

PAGE TOP