シャルドネ FPS15 – UCD15 クローン

梅雨の多い日本では、カビなどが繁殖しにくいばら房のブドウが好まれています。

シャルドネFPS15クローンは、まさに日本の風土に適したクローンだと思います。顆粒が小さくばら房であるため、収量も少なくなります。

ヨーロッパの出自ははっきりしませんが、Dr. Walter Cloreによりアメリカ合衆国ワシントン州ヤキマ・ヴァレーのプロッサーにある実験農場で選抜され、1969年にUCディヴィスに持ち込まれました。173日間の熱処理がおこなわれてから、ウイルスの感染は報告されていません。

柑橘系の香りが強く、パイナップルのニュアンスも感じとれます。

アメリカ合衆国およびニュージーランドで使われています。プロッサー・クローンとも呼ばれています。

関連記事

  1. Assyrtiko

  2. Schloss Johannisberger 1999

    リースリング

  3. グルナッシュ – 品種の多様性

  4. Vitisの遺伝特性の相関関係

  5. シャルドネ ジンジン・クローン

  6. ブルゴーニュのグラン・クリュ

PAGE TOP