ピノ・ブラン

ピノ・ブランは、ピノの突然変異によってできた品種です。ブルゴーニュを起源としますが、今日はアルザスで多く栽培されています。

ピノ・グリとピノ・ブランは、ピノ・ノワールの色のみが突然変異したもので、ピノ・ノワールとDNAの区別はありません。

早熟ですが、乾燥や高温、霜に強い品種です。

小粒で皮が厚いのが特徴で、フルーティーでスパイシーな、酸とアルコールのバランスがとれたワインとなります。スパークリングワインにも適しています。

フランス・アルザス地方のほか、イタリアやドイツ、オーストリアでも栽培されています。

関連記事

  1. Gruner Veltliner

  2. ミズーリ州におけるウイルス調査

  3. 植樹密度

  4. カベルネ・フラン

  5. シャトー・ディケム1990

    ソーヴィニヨン・ブラン FPS 01クローン

  6. プティ・マンサン

PAGE TOP