Rupestris

ルペストリス (Rupestris du Lot) は、アメリカ中部〜南部(ミズーリ州など)に生息しているブドウ品種です。1879年に発見されました。生産量は少なく、野生種は絶滅の危機に瀕しています。

フィロキセラや一部の線虫、ベト病への耐性がありますが、炭疽病には弱い台木です。痩せた土地や石灰岩のほとんどない土壌に適応します。

穂木との相性が一般的に良好で、特にグルナッシュやユニ・ブランとの相性が良いとされています。

樹勢は強く、生育サイクルは遅めです。 木の直径は小から中程度、節間は短めです。枝は硬く、側芽の成長は広範囲に及んでいます。 この台木は発根性に優れています。

ラグフェイズはこの台木を所有していませんが、多くの台木の交配に使用されているため、品種の特性を推定するために重要と考えて掲載しています。

関連記事

  1. Pinot Noirクローンについて

  2. イタリア品種の遺伝特性

  3. ウイルス感染苗の処分

    ウイルス対策

  4. ピノ・グリ

  5. Gamay Noir

  6. Pinot Noir FPS 37 Mt. Eden

PAGE TOP