品種の定義2 – カルメネーレ

フランスのIFVは、チリを視察した際にメルロとして紹介されたブドウ樹の葉の形などを観察し、それがメルロとは異なることを発見しました。その品種は、かつてボルドーに植えられていたカルメネーレという品種で、その時点ではボルドーではほとんど栽植されていませんでした。

カルメネーレのSSRマーカーを確認すると、メルロとは異なりカベルネフランと酷似していることが判明しました。かつてはカベルネフランが突然変異を繰り返しカルメネーレとして進化したことがわかります。Allele 1および2の計18のマーカーのうち11が共通しています。異なるマーカーは突然変異で変化したと推察されます。

MicrosatelliteVVS2VVMD5VVMD7VVMD27VRZAG62VRZAG79VVMD25VVMD28VVMD32
Cabernet Franc
Allele 1137
223239178
194248238
227239
Allele 2145238262186204260254235257
Merlot
Allele 1137
223239186
194260238
227239
Allele 2149234247188194260248233239
Carmenère
Allele 1137
223239172
188248238
235239
Allele 2145236262186204248254247239

一方メルロは、カベルネフランとMagdeleine Noire des Charentesの自然交配によってできたと言われています。Allele 1では7のマーカーが共通していますが、Allele 2では1つのみです。交配時にカベルネフランのAllele 1とMagdeleine Noire des CharentesのAllele 2が結びついたことがわかります。

関連記事

  1. Tempranillo

  2. グルナッシュ、カンノナウ、ガルナッチャ

    クローンとは

  3. Gruner Veltliner

  4. 品種の定義1 – ピノ、サヴァニャン

  5. ピノ・ノワールのクローン及び台木の組み合わせによるヴェレゾン…

  6. 101-14

PAGE TOP