カベルネ・フラン

カベルネ・フランはボルドーの最も古い品種のひとつであると言われてきましたが、近年の遺伝子研究によって、スペインのバスク地方を起源とする説も出てきました。主な産地はロワールとボルドーです。ボルドーからブルターニュ経由でロワールに来たのではないかと言われています。

粘土石灰土壌に適していますが、砂質土壌でも栽培できます。軽くソフトなラズベリーやラベンダーの香りを含むワインが造られます。

ラグフェイズの隔離施設で隔離栽培を行なっていたカベルネ・フランFPS11.1は、2022年1月に検定に合格しました。2024年以降にリリース予定です。

関連記事

  1. リーフロール-3に感染した木

    ウイルスとの共生?

  2. 品種改良における病害耐性の見分け方

  3. ピノ・ノワールのクローン及び台木の組み合わせによるヴェレゾン…

  4. シャルドネ ジンジン・クローン

  5. 1103P, 110R

  6. フランスにおける台木の変遷

PAGE TOP