ピノ・ノワール Swan Clone

アメリカにあるピノ・ノワールのヘリテージ・クローンの中で最も品質が高いと言われているのがスワン・クローンです。

スワン・クローンの起源は正確には分かっていませんが、Paul Masson が Romanée-Conti から枝木をアメリカに持ち帰り、カリフォルニアのサラトガに植えたと言われています。彼の後継者 Martin Ray はそれをMount Eden に移植し、さらにJoseph Swan が Russian River Valley に植えました。それにちなんでスワン・クローンと呼ばれるようになり、カリフォルニア中に広がりました。

酸味が豊かで、土っぽさがありますがジャミーな過熟感は表れないと言われています。アニス、レッドチェリー、クランベリーなど複雑な芳香を有し、質感はなめらかです。

ラグフェイズでは、ピノ・ノワール FPS97.1がウイルス検定に合格し、2024年よりリリース予定です。

関連記事

  1. ピノ・ノワール Pommard Clone

  2. ピノ・ノワール クローン間の違い

  3. 日本の畑で見つかったフィロキセラ

    カリフォルニアのフィロキセラ

  4. カベルネ・フラン

  5. フランスにおける台木の変遷

  6. Gamay Noir

PAGE TOP