シャルドネのクローン間の違い

今回のサンプルをもとに、ラグフェイズの所有するシャルドネのクローンの特質を列挙しました。クローン選択時の参考にしてください。

クローンにより、房の形状および顆粒の大きさが異なります。

顆粒のサイズは、96 < 277 = UCD6 < 124 となります。

顆粒が一番大きいのは124で、スパークリング向けのクローンです。

UCD6は他に比べてばら房となっています。

UCD6 /3306
UCD6 / 101-14
124 / 3306

96 / 3306
277 / 3306

また、同じ山形県酒田市黒森の畑にあるシャルドネの同じ日に測定したPH、総酸度、糖度を比較しました。

糖度は、277、124、UCD6、96、クローン名無しの順となります。また台木は、3306の方が生殖成長を促進させる一方、5BBの方が栄養成長を促進させていると言えます。

 PHTABrix
124 / 33062.818.0513.4
277 / 33062.915.714.4
UCD 6 / 33062.820.013.3
UCD 6 / 101-142.821.7512.8
96 / 33062.825.0510.9
non clone / 台木不詳2.828.510.7
non clone / 101-14・5BB・無毛テレキ2.827.659.5

関連記事

  1. オーセロワ

  2. Merlot

  3. ピノ・グリ

  4. アメリカのピノ・ノワール・クローン

  5. プティ・マンサン

  6. リーフロール-3に感染した木

    ウイルスとの共生?

PAGE TOP