シャルドネのクローン

シャルドネのディジョン・クローンは、小さな顆粒、低収量、理想的な房成りの樹が多く、凝縮した香りのワインとなります。冷涼な気候での栽培に適しています。

UCD6(現在のFPS6):カリフォルニアのマルティーニで選抜された秀逸クローンです。ハロルド・オルモによってMartini Vineyardから持ち込まれ、164日間の熱処理が行われました。樹勢が強く顆粒は小さくまばらで、高品質だが酸の低下が早いのが特徴です。

ディジョン95:顆粒の大きさは中〜大で、数多く実ります。フルボディ、豊潤、良好なバランス、芳香を備えています。高い適応力があり、完成度の高いワインとなります。

ディジョン96:顆粒の大きさは中〜大で、数多く実ります。繊細で良好なバランス、芳香にあふれ、ワインの完成度は高いと言われる。

ディジョン124:生産性が高く、根張りが中程度の台木が適しています。耐寒性及び耐湿性は弱くなります。シャンパーニュ・スタイルのワインに向いており、パワフルなワインになるとも言われています。

ディジョン277:バランスが高く、芳香性に富むクローンです。樹勢の強さが不規則なため、こまめな管理が必要となります。

ラグフェイズでは、これらのディジョン・クローンを取り扱っております。

関連記事

  1. ウイルス感染苗の処分

    ウイルス対策

  2. ピノ・ノワール Dijon Clones

  3. Rupestris

  4. ネッビオーロ

  5. ラグフェイズ隔離栽培施設

    隔離栽培施設

  6. サヴァニャンとトラミネール

PAGE TOP